天然酵母パンとか自家製酵母パンとかイーストのパンとか、自分ちにある型とかオーブンに合わせてレシピを調整中。
by 4pan
カテゴリ
全体
パン:ホシノ天然酵母
パン:自家製酵母
パン:IDY
パン:グルテンフリー
パン:白神こだま酵母
パン:とかち野酵母
パン:ホームベーカリー
パン:水+小麦粉の種
パン:パネトーネマザー
パン:★試したいメモ
パン:雑記・メモ
パン:パン教室もどき

パン以外
おやつ
幼稚園のお弁当
ぼやき
子ども関連の雑記・メモ
天然石アクセサリー
読書メモ
モニター紹介
プロフィール
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
フォロー中のブログ
Baking Diary
キシノウエンの 今日のて...
Smile
coupe-feti
Lovely-Jubbl...
わざわざのパン+
ぱん手帖
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
オートミールとカレンツのクッキー。
オートミールがまだあるなぁ。
でもココナッツファインが足りないからあのオートミールクッキーはできない。
ということで、カレンツといっしょにクッキーできないかな、と。

オートミール:120g
きび砂糖:40g
薄力粉:50g
塩:ひとつまみ
カレンツ:50g ※カレンツのかわりにチョコチップのほうが合いそう。
無塩バター:80g
たまご:1個

オートミールからカレンツまでをボウルに入れて全体を混ぜたところに、溶かしたバターをだーっと入れて、たまごも入れて、ヘラで全体を混ぜる。

手で直径2.5cmくらいにまるめて、それを厚さ5mmくらいにのばしてオーブンシートに並べる。
余熱したオーブンで170度20分焼成。

【感想】
悪くないけど、だんなさんはカレンツよりチョコチップのほうが良いらしい。なるほど。確かにチョコチップのほうが合うのかも…。カレンツ入れるならシナモンきかせたりすると良いのかも。

-----

くるみ入りバージョンをテキトウにつくってみた。

オートミール:120g
きび砂糖:37g
薄力粉:50g
塩:ひとつまみ
細かく砕いたくるみ:50g
ココナッツファイン:20g
無塩バター:80g
たまご:1個

オートミールからココナッツファインまでをボウルに入れて混ぜる。
溶かして粗熱をとったバターとたまごを混ぜて加え、ヘラで混ぜ合わせる。
あとは他と同じ。

【感想】
む。くるみ入りも結構うまいな。
でも個人的にはやっぱり基本のがちまい家さんのレシピが一番好き…。
ということで、ココナッツファインをがっつり注文!
届いたらガンガンつくってガンガン食べてやる! ←え?

-----

ちょっとヘルシー気味にできないもんか。
つか、バターを菜種油とかにすると良さそうだな。良い菜種油が手に入ったら試そう。

オートミール:100g
きび砂糖:35g
薄力粉:50g
塩:ひとつまみ
ココナッツファイン:60g
無塩バター:60g
たまご:1個

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-27 17:45 | おやつ
コーンパン。
缶のコーンとその水分を使ったパンなら自然な甘さでまめも食べるんじゃないかとレシピを調べてみたけど好みのものがないので考えてみる。

国産小麦粉:260g
コーンミール:40g
スキムミルク:12g
きび砂糖:15g
塩:5g
ホシノ天然酵母生種:18g
たまご:30g
コーン缶の汁:120g
コーン:100g

水分量は調整すること。
小型丸パン成形か棒状の成形にして、焼成前に余ったたまごを塗って焼くか。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-20 18:20 | パン:★試したいメモ
がちまい家のオーガニックな焼き菓子。
d0138898_23261793.jpg

amazon見ててなんだかイイナ〜と思って買ってみたこの焼き菓子の本がなかなかステキだった。

実家ライフだとすぐにはつくれなさそうだけど、なにやらおいしそうだし、姿勢がなんとなく好ましい感じ。(´∀`)
良いなぁ。焼き菓子とパンの店とかやってみたいなぁ。いやそんな「良いなぁ」程度の考え方でやったら即座に失敗するだろうけどさ。


西荻窪で「がちまい家」という焼き菓子とパンのお店をしていた方が著者。素材にこだわり、国内産のものを使用して、マクロビを取り入れたりした身体にやさしいお菓子のお店だったらしい。この本はそのお店のお菓子とパンのレシピ本。

パンはライ麦から起こした種で焼くパンだけだけなのですぐには試せないけど、いつか試してみたいなぁ。林弘子さんの小麦粉から起こす酵母のパンに興味を持った後だったので、私的にはなんだかタイムリーな1冊。

d0138898_164632100.jpg

そしてつくってみたオートミールクッキー。
オートミールとココナッツファインがいっぱい入っていて、焼き上がりはココナッツのおいしそうな香り。
甘さもやさしい感じでうまい〜。(´∀`)
ココナッツ好きでもないしコレに使うことしか考えてなかったから、あんまりおいしくなかったらアレなのでココナッツファインは1回分に足りるくらいしか買わなかったんだけど、こんなにおいしいならもっと買っても良かったなぁ。

ちなみに今回はバターが無塩だったので塩ひとつまみ入れてみた。あと、シナモンがなかったので省いたんだけど、シナモンなしでもココナッツの香りがステキな感じでなかなかよろしい。それから、あんまり意味はないけどココナッツファインを10g少なめに。これもまったく問題なくおいしかったですハイ。むしろまとまりやすくて良かったカモ。

たぶん7mmくらいの厚さでつくったのだけど、もうちょい薄くてもおいしいかも。
厚めでもそれはそれでしっとりめな感じでおいしいけど。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-13 16:51 |
とりあえず感謝が先。
「食品の裏側」を読んでから特に、添加物なんかが気になっているわけですが。

ただいま産後の実家ライフ中。うちは自営業だし母はもともとそんなに料理好きでもない感じなので、日々お惣菜とかお弁当とかレトルト食品が食卓に並びます。私自身は以前からファーストフードとかカップ麺とかがそんなに好きじゃないし、お惣菜やレトルト食品もそんなには使わないほうなので、ちょっとすごい食卓に見えてしまうときもあり…。

「今日もすごい添加物の量だなぁ…(´∀`υ)」

などと内心ちょっと思う日もあるわけだけど、なんだかこれはこれで不自由だな、と。

以前に菜食の方といっしょに食事をしようとした際に、菜食であるがゆえに入れる店がなかなか見つからず、怒られるかもしれないけど、禁煙ブームの中でタバコを吸える場所をさがしてさまよう喫煙者と同じような不自由さを感じるなぁと思ったことがある。(菜食が悪いとは思わないし(どっちかというと良いと思うし)、健康に気を遣った食事を選ぶことにはとても意味があると思うけど、現代日本だとまだまだ面倒なことも多いと思う。)
それと同じような不自由さを自分に感じたわけですな。

私は実家ライフで両親や弟夫婦にお世話になっている中で、日々自分の習慣とは少し違う食事が出てくることにどこかちょっぴり不満を感じていた。これはどうなんだろう。
「添加物ヤだな」とか思う前に、お世話になっていることに感謝するのが先だよな。

人に感謝することを結果的に遠ざけるような考え方が、暮らしを豊かにしてくれるとはどうも思えない。

そもそも添加物って身体に悪いだけのものじゃないし、もとは利便性とか保存性とか生活に役立つことを考えてつくられたものだと思うし(まぁ…コスト削減のためというのもあるだろうけど…)。

食べものに気を遣うことはとても大切だと思うけど、だからって何かを否定するような考え方になってしまうなら、あんまり幸せじゃないなぁ。自分がごはんをつくるときに、出汁の素<無添加出汁<自分でちゃんととったお出汁 を使うのは、身体に良いだけじゃなく、出汁をゆっくりととること自体にも意味があると思う。ごはんをおいしくしてくれるキモを自分で作り出してる感じというか。

添加物について知識として知っているかいないかは大きな違いだと思うけど、アレにもコレにも添加物が…なんて考え方になるのはやめよう。自分でつくるものはできるだけ自然の素材を使いつつ、「お惣菜やレトルト食品もまぁ良いよなー」くらいの気持ちで暮らしていくようにしたい。

罪悪感みたいな気持ちを持ちながら食べるごはんはおいしくないし、人に感謝できる機会を自ら遠ざけるような考え方は暮らしを豊かにはしない。私にとって重要なのは、幸せに、心穏やかにいられること。考え方にしばられたり、理屈で考えていなければ不安になってしまうほど、もともと頭使って生きてないんだし。(´∀`)

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-13 12:40 | ぼやき
最近買った本。玄米とかパンとか。
実家ライフなのでつい本ばかり買ってしまう。
最近買った本で良かったものを記録。

d0138898_175810100.jpg

「『たま食堂』の玄米おにぎりと野菜のおかず」
玄米みたいな噛みごたえのあるものが食べたいなーと思っていたら、なんだかおいしそうな本を発見してamazonで購入。998円とお安い本だけど結構盛りだくさんな感じの内容で買って良かった本。


d0138898_181876.jpg

「カフェ&レストラン 2009年 03月号」
特集は「カフェのパン」です。てことでついポチっと購入。(´∀`)
まだパン焼きができないので、うっとりながらコレをながめておりますハイ。


d0138898_184113.jpg

「「わかなパン」の自家製酵母パンと野菜のおかず」
で、コレはまだ届いてないんだけど、紹介を見る限り最近の私の好みにぴったりなのでつい予約。
詳しくは届いてから〜。(´∀`)  ←かなり楽しみ。

追記:届きましたとさ。
うーん。タイトルが「自家製酵母パンと野菜のおかず」と、パンが先にきているのでパンがメインだと勝手に思っていたけど、パンは4種類くらいしかありません…。しかも配合は2種類だけだし…。
あとはマクロビっぽい焼き菓子が少々あって、その他は菜食の料理。

結構おいしそうだし、無骨な感じのクッキーとかつくってみたい感じだから、まぁ買って良かったかなとは思うけど、パンの本としてはガッカリな感じか。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ →日本ブログ村のランキングに参加してます。
[PR]
by 4pan | 2009-03-13 11:53 |
Barkery book vol.3。
d0138898_10142389.jpg

個人的に大好きなシリーズに第三弾が出てた。(´∀`)

Barkery book vol.3

迷わず注文〜! たのしみ〜。(´∀`)ノ


追記:届きましたとさ。
今回はvol.2までと違って、パン屋さんの食パンの配合などが結構のってるぽい。へー。
小さい文字で配合が書いてあるだけで詳しいレシピがあるわけじゃないけどこれは結構勉強になるな−。
vol.2まで同様、いろんなパン屋さんについて、パンの写真つきで紹介されていて、眺めているだけでも幸せな本ですハイ。年に1冊ペースらしいので、来年のも今から楽しみ。(´∀`) <早。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-10 10:19 |
イライラ。
日中子どもたちと3人でいたりすると、ずっと、うっすら、イライラ。

主に上の子のやることにイライラしがち。本人はお手伝いしてるつもりだし怒っちゃいけないと思いつつも、まだ首もすわらない下の子をぺたぺたさわったりつついたりされるとつい大きな声が出てしまったり。下が産まれる前なら平気だったことも、どうにも堪え難くなったり。いけないいけないと分かっているのにどうにもイライラしてしまって、それを抑えるのにまたイライライライラ。

母が持ってきてくれた新聞の切り抜きに「子どもふたりの育児は減点法ではなく加点法で」と書かれていて、なるほどそう考えないとやっていけないな、と。「○○してあげられなかった」という考え方をしていくとどんどん落ち込んで更にイライラするばかりなので、できるだけ「○○することができた。オレがんばった。(´∀`)」という考え方でいかないと。

毎日考えては落ち込んで、更にイライラして、でも子どもにイライラが向かないように抑えて抑えて、またイライラ…。実家にいるというのにコレなんだから東京戻ったらどうなることか…。
いや、なんとかするんだろうけど…。

せめてパンつくれたら違うかなぁ。何があったって、ちょっとだけでも好きなことできれば、落ち込んでもその楽しかったこと思い出してがんばっていけるもんなんじゃないかと思う。ホントにウツのスパイラルにハマっちゃうともうダメかもだけど、子ども育ててたらそんなスパイラルにハマってるヒマさえなさそうだからそれはそれで良いのかもしれない。

■どうかしてるよな、と思う怒り方。
「暴力はいけないの! 他の子をぶったりするのをやめないなら、たたくからね!」
という怒り方は間違ってるよな、と、文章にすると特に強く思うわけだけど、これに近い間違ったことを言っているときがあるように思う。気をつけよう気をつけよう。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-09 11:29 | 子ども関連の雑記・メモ
第二子出産の経過メモ。
第二子が産まれましたとさ。(´∀`)
経過を記録。

■2/22 23:00くらい。
なんとなくおなかの張りといっしょに鈍痛があるようなないような。

■2/23 1:00くらい。
たぶん陣痛が始まっているな、と。
痛みの合間に荷物を準備して居間に出しておく。

■2/23 2:00くらい。
母に陣痛が始まっている旨伝えて、準備してもらう。

■2/23 2:30くらい。
まだ産まれそうもなかったんだけど、一応10分間隔くらいになってきたので産院に電話。経産婦なので念のため早めに〜ということで病院へ。

■2/23 6:00くらい〜。
ずっと母とふたりで病室。
それまでは痛みのたびに腰をさすってもらって「ありがとう」とか「大丈夫」とか言える余裕があったんだけど、だんだん余裕がなくなってくる。「いたい〜」とか言えば良いのに男らしく「い…いてぇ〜」とか言う。(´ε`υ)

■2/23 8:00くらい〜。
だんだんいきむ感じになってきて、陣痛室→分娩室。
分娩台に上がるも、一人目と違ってなかなかお産が進まない…。もう気を失いかねない感じでちょっと気が遠くなってくる。

ここでギリギリ夫到着!

痛いし苦しいし何がなんだかよく分からない。骨盤のゆがみもあるのでお産が進みづらかったのかも。
だんだん呼吸が浅くなってきてしまい、酸素マスクつけられる。
通常切開なしでお産させてくれる産院なのだけど、なかなかお産が進まず、たぶん私の体力が尽きそうなのと、産道に胎児がとどまる時間が長いと呼吸ができないため、切開することになる。
普段大きな声を出さない助産師さんが「先生呼んで!」と大きな声を出したので、ぼんやりしながらも赤ちゃんが心配になる…。
で、先生が来たときにまた波が来てしまい、切開間に合わずに9:19出産。一人目に続いて今回も裂傷…。
(ただし裂傷の程度は、一人目のときが実はだいぶひどかったらしく、今回はそれと比べたら全然たいしたことがなかったらしい…。へー…。)

※後から、分娩台に上がってからお産の進みが悪かったのは旋回異常だったことが判明。
帝王切開とかにならなかっただけ運が良かったと思おう。
で、裂傷になったのは、出てくるときに、通常後頭部から進んであごを上げるような感じで出てくるところ、うちの子は顔のほうから出てきたらしい…。つまり、両手をほっぺに当ててそれを広げるようにしたような状態で産道通ってきたんだな…。道理でなんだか鼻が大きい(横に)赤ちゃんが産まれたと思ったよ。(´Д`υ)


■通常産後2時間ほどカンガルーケアさせてもらえるんだけど、1時間くらいたったところで産まれそうな妊婦さんが来てしまったため陣痛室のベッドに移動。その後病室に戻って初乳なめさせる。

■2/23 0日目。
結構ぼんやり過ごす。午後にはまめが来たので休めず…。
まめは私の顔を見たら口がヘの字になって、黙って下を向いて涙をぽろぽろ…。
かーたんいなくてさみしいのガマンしてたんだなぁ、がんばったなぁと思ったら自分まで涙が出てきてしまって、しばしふたりで泣く。

■2/24 1日目。
赤ちゃんの体重100gほど減る。(通常3日目くらいまで体重は減少しても問題なし。)

■2/25 2日目。
早くも赤ちゃんの体重が増えて助産師さんにほめられる。(´∀`)
でもパイちょっと切れて痛む…。

■2/26 3日目。
その後も母乳は順調で、2日目以降も赤ちゃんの体重はちょこっとずつ増加。パイが多少痛むもののまぁ激痛というほどではないので、飲めることを優先して日々精進。いろんな抱き方で試した結果、一人目のときと同じで縦だっこ授乳に落ち着く。
だんだんパイが張るようになってくる。

■2/27 4日目。
経産婦なので4日目の午前中で退院。

■以降。
実家でまめの相手をしながら過ごす。一人目と違って慣れているせいか、赤ちゃんがよく寝てくれるので助かる。日に1時間程度昼寝できれば結構元気でいられるんだけど、ここでムリすると後で大変らしいので(実際この時期にムリしたせいでその後2回救急車で運ばれたママがいるしな…)できるだけまったり過ごす。

■3/5。
退院後、まめころが私のそばから離れない。
母からは産後3週間はおとなしくしていろと言われているので、私とこまめがひきこもりになるのは仕方ないとしても、まめころは遊びたいだろうと思うのに、おじいちゃんやおばあちゃんがいくら誘っても付いていかない。

そんな日々だったのだけど、甥と姪に誘ってもらって、やっとまめころが出かけた!
まめがいっしょに出かけるようにしてくれた義理の妹にも感謝感謝! (´∀`)
元気になったらお菓子とかいろいろつくってお礼に送ろう。そうだそうだそうしよう。

さぁこの隙に!とばかりにまずは昼寝しました…。
夜中何度も起きるし眠り自体が浅いから日々寝不足で頭痛がしてたところなのでホント助かった…。日に1時間だけでも昼寝できると全然違うんだけど、まめころがいっしょだと昼寝できないことが多いので…。

そしてまだまめころはおじいちゃんたちのお店(仕事場)で遊んでるらしいので、再度できるだけ寝ようと思います。おやすみなさい。

■3/6。
朝、仕事に行くおばあちゃんを見送ろうとしたら、まめが「おしゃんぽいくー(お散歩行くー)」と。
初めておばあちゃんとふたりでお店(うちの両親の仕事場)に行けた日。
えらいぞ、まめころ。成長した成長した。(´∀`)

■産後10日目あたりから差し乳傾向。授乳し始めるとキューっと痛くなるように。
切れてたところはだんだん治ってきた。

■3/9。
産後2週間経過。胸の張りがなくなってきた。差し乳完成か? <え?
さすがにこまめさんがいっぱい寝てると多少張るものの、産後1週間くらいのときのような張り方はしない感じ。甘いもの食べても平気だし、おだんご食べた日もまったく問題なし。(´∀`)

体重は産前ピーク時からマイナス6kg。
日々ごはんをしっかり食べて、しかも午前と午後のおやつの時間にも更にパンとかごはんとか甘いものとか食べてるのに太らないってすごい…。母乳って何出てんだろうな…。(´ε`υ)
目標としてはあと4kgやせたいんだけど、やせたい欲より食欲のほうが勝っているのでボチボチで良いかなぁ、と。栄養が偏らないように気をつけよ。

■3/16。
夜間など授乳間隔が2〜3時間あくときはやっぱりちゃんと張るな。
カチカチになったりしてつらくなることはなく。

こまめさんは元気にすくすく成長中。産まれたときと比べたらやっぱり重くなったよな、という気がする。今何kgなのか分からないけど。

まめころさんは朝からおばあちゃんとふたりでお店に行けるようになった。今日は10時くらいに迎えに来てくれたおじいちゃんとふたりでお店に。私に向かってちゃんとバイバーイをして出かけられる。エライエライ。
でも東京に戻ったらどうなることか…。

ちょっと東京での生活をシミュレーションしてみる。
8:00  起床
〜10:00 着替え/朝ごはん/そうじ・洗濯/昼ごはんの準備
10:00〜12:00 まめころ外遊び
〜13:00 昼ごはん
14:00〜17:00 まめころ昼寝/時間によっては午後の外遊び/夜ごはんの準備/その他家事
〜20:00 お風呂/夜ごはん
(ひとりのときのお風呂が問題だな…。まめテレビ中にこまめをお風呂に入れていったん出て授乳して寝かしてハイローチェアに乗せてお風呂の近くに置いて、まめといっしょに再度お風呂に入る。かな?)
〜21:00 もろもろ後片付けして、子どもたち寝かしつけて自分も寝る…。

こんな感じでなんとかなるのかな…? むー。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ 子育てスタイル
[PR]
by 4pan | 2009-03-05 12:44 | 子ども関連の雑記・メモ
欲しいものメモ。
■無水鍋。
前々から欲しいんだけど、これ以上鍋増えても置く場所ないよな…と。(´ε`υ)
いろいろ使えそうだしパンも焼けるらしいから欲しいんだよなぁ。24cmのやつが良いかなぁ。
いつかキッチンのひろーい家に住めるときが来たら買おう。いつか。

■火力の強いオーブン。できれば業務用。
要するにおいしいパンが焼きたいんだよな…。
てことはコレあったら無水鍋いらないかなぁ。でも無水鍋は無水鍋でいろいろ使えそうだしなぁ。
と、買う予定もないくせに妄想だけ広げておく。

■石臼製粉機。
小麦から粉ひきたいんだよね…。うふふふふ…。
ヨソサマのblogで見て、なんだか楽しそうでちょっと良いなぁ…と。
まぁたぶん買わないで終わるだろうけど。


他、なんかあったら追記メモ予定。

レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ →日本ブログ村のランキングに参加してます。
[PR]
by 4pan | 2009-03-04 18:02 | ぼやき
中種を継いでいく。
d0138898_23292532.jpg

↑地元のそばつなぎ粉。5kgで1180円ナリ。
こねた感じは南部小麦みたいな粘土ぽい感じで、色はうすーい茶色。キタノカオリみたいなきれいなクリーム色ではなくて、もっと粗野な感じというか素朴な感じというか、そんな色。


「水と小麦だけのパン種でつくる酵母パン」にパン生地の一部を残して中種として使うことを繰り返す、というのがあったので、これを試してみたい。できれば元種と中種を並行して保存していきたいんだけど、実家ライフでそこまでやるのはムリぽいので、とりあえずシンプルな生地をちょっとだけこねて、これを発酵させ、そこにまた生地を足していくのを繰り返して、それを種として使うやり方をしてみようかと。

「「ニコラのパン」が焼ける本」にある、発酵生地を入れるレシピは簡単だけどなかなかおいしかったので、うまくできればなかなかおいしいパンになるんじゃないかと期待。


生地をこねて室温放置で発酵。2〜2.5倍くらいを目安に、イースト以外の材料を足してまた発酵させることを繰り返してみよう。


■1日目【中種】 (23時くらいにこねてそのまま放置。) 2/4

地元の小麦粉:50g
水:30g
塩:ひとつまみ
インスタントドライイースト:ほんの少し(ひとつまみ以下くらい)

翌朝2倍弱くらいになっていたので冷蔵庫に入れた。


■2日目【中種】 (21時くらいにこねてそのまま放置。) 2/5

1日目の生地:すべて
地元の小麦粉:100g
水:60g
塩:2g弱
きび砂糖:1g(おまじない感覚で。)

朝まで放置したけど1.5倍くらい?
オーブンの発酵機能にちょっと入れて、時間がなくなったので冷蔵庫にうつして外出〜。


■3日目【中種】 (21時くらいにこねてそのまま放置。) 2/6

2日目の生地:すべて
地元の小麦粉:100g
水:60g
塩:2g弱
きび砂糖:1〜2g(おまじない感覚で。)

昨日も今日も結構短時間のこねで膜ができる。
夜間の室温放置だけだと発酵が遅いようなので、こねあがりをオーブンの発酵機能に30分ほど入れてみる。

★で、なんとなくあんこを炊いていたところ、うちの塩が加工品なため、普段使っている塩と比べてかなり塩辛く、しかも旨味がないことが判明! なんだこりゃ。
良い機会なので少し調べてみたら、「自然海塩」が純粋な塩とのこと。ゲランドとか。
でも私の経験だとゲランドはマイルドすぎるところがあるんだよな…。国産の自然海塩のほうが国産小麦粉と相性が良かったりするかしら。粗塩は加工塩に入るみたいだけど、粗塩くらいのほうがバランスが良かったりした印象。せめて粗塩買ってくるか…。

翌朝8時くらいに見てみたら発酵ちょうど良かった。ので、いったん冷蔵庫へ。


で、ある程度中種が増えたので、コレを使ってパンづくりへススム。



■【中種:5回目】 (22時くらいにこねてちょっと室温放置して冷蔵庫へ。) 2/13

4回継いだ中種生地:すべて
地元の小麦粉:150g
水:90g
塩:2g
きび砂糖:1〜2g(おまじない感覚で。)

中種は100gずつしか使わないので、しっかり発酵させてから冷蔵庫に入れるとゆっくりでも発酵が進んでしまうかなーと思って、今回は発酵そこそこで冷蔵庫に入れることにした。
冷蔵庫でも生地はつながるしな。



■【中種:6回目】 3/3

5回継いだ中種生地:すべて
地元の小麦粉:100g
水:60g
塩:2g
きび砂糖:2g(おまじない感覚で。)

出産でずっとほったらかしだったのだけど、香りをかいでみたら別に問題なさそうだったので、酵母の栄養程度の気持ちで生地を足してこねこねし、そのまま冷蔵庫へ。
初めがインスタントドライイーストなせいで冷蔵庫での発酵が遅いような気がする。自家製酵母の元種とか中種はこれだけ放置してたらダレダレになりそうな気がするから。


レシピブログ にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ →日本ブログ村のランキングに参加してます。
[PR]
by 4pan | 2009-03-03 17:24 | パン:雑記・メモ